スリープ スプリント(Sleep Sprint)
 睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が止まった状態(無呼吸)が断続的に繰り返される病気です。
その結果十分に睡眠がとれず、日中の眠気、集中力、活力に欠ける、居眠りがちになる、居眠り運転で事故や重大事故などを起こしやすくなります。


睡眠時無呼吸症候群とは

一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこる。
または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこる。
治療をせずに放置しておくと生命に危険が及ぶ場合もあります。よって適正な症状分析と診断、治療、予防などの対策が必要になります。眠っている間に呼吸が数十回、ときには数百回と止まるようであれば、体内の酸素不足が深刻になってくるでしょう。

 酸素不足がおこれば「寝苦しい」「息苦しい」などの症状が現れ、睡眠不足がおこります。また酸素不足は循環機能に負担をかけ、不整脈、高血圧、心不全、糖尿病が現れ事故や突然死などで生存率が低くなるなど無呼吸症候群には様々な問題がでてきます。

 

スリープスプリントの適応 : いびきと無呼吸症候群

 この方法は身体に負担をかけない新しい治療法として、いびきと比較的軽い無呼吸症候群(軽度〜中度)に用いられています。効果が高く有効率は90%です。

 他法と比べ身体の負担が少なく、小型のポケットサイズで旅行などに持ち運べます。負担をかけずに治したい人はこの方法をお勧めします。

スリープスプリントを使うと、
いびき、歯軋りをなくし、睡眠時無呼吸も改善できます!
●利点 負担をかけずに高い効果が得られます
 ・小型で旅行、出張に持ち運べます
 ・薬物、手術、鼻マスクに比べ負担がない
 ・通院は数回と短く歯型をとり調整後、完成
 ・効果が高く長期間続けることが可能
 
●欠点 重い無呼吸症や以下の方は使えない事があります
 ・鼻の通りが悪い、咽頭肥大が著しい
 ・寝付きが悪かったり、意外と神経質
 ・18歳未満または歯が20本以下
 ・歯がくらつく、顎の関節に痛みや障害がある
花粉症の季節、口呼吸ができるように、すこし開けた状態にしてみました。
顎関節への負担がすこし大きいように感じます
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO